福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   外壁塗装で使う塗料の種類や特徴、選び方を福岡の業者が伝授

外壁塗装で使う塗料の種類や特徴、選び方を福岡の業者が伝授

2018年08月06日

「最近外壁の剥がれが気になっている。そのままにしておいて大丈夫なのかな…」
外壁の剥がれの多くは、外壁の外側に塗られている物質である塗料が防水性を失っていることが原因であり、外壁そのものも見えないながらも劣化が進んでいます。

 

また、湿気や水分が侵入しやすくなりますので、早めに外壁の再塗装を行うなどして補修を行うことが大切になります。
今回は、外壁塗装に使われている塗料の種類やその特徴をお話して、どのような場面で使うのがおすすめであるのかについてもご紹介いたします。

 

◎外壁塗装に使われている塗料の種類とその特徴

○アクリル塗料

外壁塗装に使われる塗料の古参であり、発売当時はモルタルのひび割れに対応するということで重宝されていました。
耐久年数が短いのが難点ですが、価格自体は最も安いので何度も塗り替えることをお考えであればお勧めです。

 

○ウレタン塗料

アクリル塗料ほどではありませんが比較的安価に手に入る塗料で、柔らかく密着性に優れているという性質があります。
雨樋などの付帯部の修理やわずかな塗料の剥がれを補修するのに使うことができます。

 

○シリコン塗料

近年外壁塗装における塗料の主力として活躍してきました。
主成分のシリコン系樹脂は非常に安定した性質を持っており、耐久性の高さの割にお手頃価格というバランスが人気です。

 

○ラジカル塗料

数年前から発売された塗料界の新勢力です。
ラジカル塗料には高緻密向きシールド層というものがあり、水や酸素や紫外線が原因で起こるラジカルと呼ばれる塗膜の劣化の発生を抑制する効果があります。
汚れにくく比較的長持ちするものという強みもあることから、今後さらに価格が下がると新たな主力になると考えられています。

 

○遮熱塗料

こちらの塗料は太陽からの熱を遮断することで外壁や屋根の表面温度の上昇を抑制するという機能があります。
室内に熱を取り込みにくくなりますので、特に夏の暑さによる室温の上昇を抑制することができ、光熱費を抑えることが期待できます。

 

○フッ素塗料

外壁塗装用として使われている塗料の中では値段が高めですが、耐久年数が最も高い塗料とされていますので、工事を行うのが難しい場所を中心に使うと良いかもしれません。

 

◎最後に

ここまで外壁塗装に使われている塗料の種類とその特徴についてご紹介いたしました。
ご覧いただきましたように、塗料の質が良いほど費用も高くなっています。
塗料の選ばれる際には、価格とどの程度長持ちしてほしいかということをつり合わせてお考えになることをおすすめいたします。

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム