福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   春日市で屋根塗装!雨漏りしてしまう原因をご紹介!

春日市で屋根塗装!雨漏りしてしまう原因をご紹介!

2018年08月22日

日常生活を営んでいると、年月が経つごとにトラブルが起こることが増えてきます。
そのトラブルの1つに雨漏りがあることでしょう。

 

雨漏りを放置しておくとどんどん浸水していき、建物の耐久性に大きな悪影響を及ぼし、最悪の場合倒壊してしまうこともあります。
そんな雨漏りの対策をするために、まずは雨漏りをする原因を知りましょう。

 

【雨漏りの原因】

雨漏りの原因は1つではありません。
いくつかの原因があるため、どういった原因で住宅内に浸水するのかを理解するのは非常に重要です。
それでは、どういった箇所から浸水しているのかを把握しましょう。

 

原因1:屋根の隙間

最近の住宅は昔に比べて技術が進化しており、屋根からの雨漏りは少なくなってきています。
しかし、なんらかの原因によって屋根に隙間ができてしまい、その隙間から浸水してしまう場合があります。
屋根に隙間が起きる主な原因は、漆喰が崩れてしまったり、瓦が崩れてしまったりすることが挙げられます。

また屋根ストレートにヒビが入ることで雨漏りする場合もあります。

 

原因2:ベランダ

経年劣化によってベランダにヒビが入ってしまい、ヒビが入った箇所から浸水して雨漏りに繋がることがあります。
ベランダは屋根と違って人の出入りがある分、早く劣化してしまいますので、屋根よりも早くにヒビが入ってしまう場合があります。

ベランダには排水溝がありますが、うまく機能していない排水溝は水がうまく流れていかず、ベランダに水が溜まってしまいヒビから浸水してしまうこともあるので、小さなヒビでも注意が必要です。

 

原因3:サッシ枠と防水シートの隙間

屋根から浸水するだけではなく、実は外壁からも浸水する場合があります。
それがサッシ枠と防水シートの隙間です。
基本的に水が浸水しないように対策がされていますが、経年劣化によって外壁に隙間ができてしまった場合、できた小さな隙間から浸水してしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

以上のように、主にひび割れによって隙間ができたことで雨漏りが発生します。
これらの隙間ができる根本的な原因は主に2つあります。
それが「経年劣化」と「施工不良」です。

 

屋根は紫外線や雨風から私たちの身を守ってくれています。
屋根があるので私たちは快適な暮らしができているのです。
しかし、そんな屋根塗装も時間の経過とともに効果が薄れて行くので、年月が経つとひび割れがおきます。

 

もう1つの原因が「施工不良」です。
現在は技術が進歩したこともあり、施工不良が減少しているものの、まだ少なからず存在しているので、施工不良によって雨漏りしてしまうこともあるのです。

以上のように、雨漏りには原因があり、だいたいがヒビ割れによる浸水です。
ヒビ割れの修理は専門の業者に依頼する必要があります。

 

春日市にはハヤトリフォームがあり、丁寧な施工と最高10年の保証をしています。
現在雨漏りに悩んでいる方はぜひ一度、ハヤトリフォームにお問い合わせください。

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム