福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   外壁塗装をする際に欠かせないコーキングとは?福岡の職人が解説

外壁塗装をする際に欠かせないコーキングとは?福岡の職人が解説

2019年01月20日

「外壁塗装をしようと考えているけど、外壁塗装についての知識がほとんどない。」
という方はみなさんの中にいらっしゃいませんか?
知識がないまま工事を行うと、思い通りの仕上がりにならず後悔してしまう、なんて結末になりかねません。
そこで今回は、外壁塗装に際して理解しておきたい言葉の一つである「コーキング」について、分りやすく解説いたします。

 

□コーキングとは?
コーキングとは、建築物において外壁材同士あるいは外壁と窓枠との隙間や、外壁に生じたひび割れをコーキング剤によって充填することを指します。
特に初期の住宅外壁によく見られる、モルタル(セメント・水・砂を練り混ぜて作ったもの)などを塗り固めて作る壁は、ひび割れが生じやすいとされており、そのひび割れによって生じた隙間を埋めるためにコーキングが行われることが多いです。
また、近年モルタル塗りに代わってよく見られるサイディングボードを貼った壁は、比較的ひび割れが生じにくいとされています。
しかし、サイディングボード同士のつなぎ目を埋めるために、コーキングは欠かせません。

 

□コーキングを塗ることによる効果は?

*防水効果がある
サイディングボードやALCパネルを貼り付けた際には、どうしてもつなぎ目に隙間ができてしまいます。
それをそのままにしてくと、雨が降ったときにその隙間から水が入り込み、雨漏りしたり、壁紙が腐食したりする可能性があります。
その隙間をコーキングによって埋めることで、建物全体の防水性能を高められます。

 

*ひび割れや歪みを防止して壁材を長持ちさせる
サイディングボードやALCパネルなど、様々な外壁材がありますが、それらは基本的に、温度や湿度の変化によって膨張したり、収縮したりします。
それらの堅い外壁材を直接固定してしまうと、その動きに耐え切れずに、隙間が生じたり、ひび割れてしまったりすることがあります。
それを防ぐための緩衝材として働くのが、コーキング材です。
コーキング材は、シリコーン系やポリウレタン系などの樹脂でできているため、ゴムのように弾力があります。
そのため、コーキング材で壁材同士のすき間を埋めることによって、壁材の代わりに衝撃を吸収してくれます。

 

以上、コーキングについてその意味や効果について解説いたしました。
満足できる外壁塗装をするためには、ただ業者に丸投げしてしまうのではなく、外壁塗装についての様々な知識を身に着けると良いでしょう。
我々ハヤトリフォームでは、どこよりも丁寧に外壁塗装を行います。
お問い合わせがございましたら、お気軽にホームページを訪れてみてください。

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム