福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   屋根塗装の失敗例と、それを防ぐための注意点とは|福岡の業者が紹介

屋根塗装の失敗例と、それを防ぐための注意点とは|福岡の業者が紹介

2019年02月09日

自宅の屋根塗装をしたいけれどあまり詳しくわからないから業者に全て任せよう、と考えている方はいらっしゃいませんか?
しかし、そのように屋根塗装を業者に依頼した結果、失敗に終わってしまうことは少なくありません。
そこで今回は、屋根塗装の依頼でよくある失敗例と、それを防ぐための注意点についてご紹介します。

 

□塗料選びにおける失敗
塗料選びは、屋根塗装において最も重要な選択の一つです。
次に塗料選びの失敗例についていくつか挙げていきます。

 

*耐用年数が短すぎる
塗料には、いくつかのグレードがあり、一般に耐用年数が長いものほど価格が高くなっていきます。
一回の工事の価格を安くしようすると、より低価格な塗料を選んでしまいがちです。
しかし、低価格な塗料は耐用年数が短いので、それ分高頻度で屋根塗装の塗り替え工事をする必要があります。
そしてその度に、人件費や足場設置費などの諸費用を払う必要があります。

そのため、低価格の塗料を使用することは一時的には工事を安く済ませられますが、長期的に見ると出費が多くなってしまいます。
このような失敗を防ぐためには、塗料選びの際に予算を把握した上で価格と耐用年数のバランスを考えながら塗料を選ぶことが重要です。

 

*予想していた色・耐用年数と違った
塗料の色は、屋根材との相性などによって見え方が変わります。
そのため、写真でイメージしていたものと実際の色が異なるということはしばしばあります。
また、耐用年数についても、メーカーが発表する耐用年数は、試験機によって疑似的に作り出した環境で測ったものであるため、実際に使用するとその耐用年数よりも早く劣化してしまう可能性があります。
こうした失敗を防ぐためには、メーカーが発表している写真の色や耐用年数はあくまでも目安であるということを事前に理解しておきましょう。

 

□業者選びにおける失敗
業者選びにおいて失敗してしまうと、様々な問題が発生してしまいます。
例として、以下のような問題が挙げられます。

・追加費用のせいで当初予算を超えてしまった
・すぐに塗装が剥がれたのに業者が保証してくれず、自費で補修する必要がある

 

このような失敗を防ぐためには、複数の業者に見積もり依頼をした上で、信頼できる業者に工事を依頼しましょう。
また、追加費用や保証の有無などについて事前に話し合いを重ねることが必要です。

 

以上、屋根塗装を依頼する際によくある失敗例と、それを防ぐための注意点についてご紹介しました。
屋根塗装は、多くの費用と時間がかかるものです。
今回ご紹介した注意点を把握して、満足のいく屋根塗装をしてくださいね。
福岡で屋根塗装をお考えの方は、ぜひ一度、ハヤトリフォームへご相談ください。

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム