福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   福岡県で外壁塗装をするなら、手塗り工法と吹き付け工法の違いを知ろう

福岡県で外壁塗装をするなら、手塗り工法と吹き付け工法の違いを知ろう

2019年03月27日

「外壁塗装を考えているけど、塗装方法は手塗りと吹き付けのどちらがいいのだろう」
このように外壁塗装の工法についてお悩みの方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装をする際には、どのような工法にしたらいいのか迷いますよね。
工法の違いによって外壁のデザインも変わるので、気をつけたいポイントです。
そこで今回は、「手塗り工法の特徴」と「吹き付け工法の特徴」をご紹介します。

 

□塗装方法の違い

外壁に塗料を塗る方法は、大きく分けて手塗りと吹き付けの2種類あります。
近年はローラーを使った手塗り工法が主流です。
しかし、全ての工法をローラーのみで完結できないこともあります。
吹き付け工法を必要とするデザインもあるため、それぞれの特徴をしっかり把握して、みなさんの目的に合わせた施工を行いましょう。

 

□手塗り工法の特徴

ローラーや刷毛を使って塗料を塗っていく工法のことを指します。
家の塗り替えに関してはローラーで塗装することが多いです。
その理由は、ローラーを使うことで塗料の飛散を防ぎ、無駄なくしっかりと塗ることができるからです。
また、狭いところを塗る場合にはハケを使い、微調整しながら塗っていきます。

ムラを作らずまんべんなく塗ることができるので、仕上がりがとても綺麗になることも特徴の1つです。

 

□吹き付け工法の特徴

特殊な機械を使って塗料を射出して施工を行います。
射出した塗料をローラーで潰した吹き付け工法の独自のデザインを作ることができます。
広範囲を一気に施工できるため、短時間で施工できるところも特徴の1つです。

*専用のスプレーを使う

先述したように、射出する際に特殊なスプレーガンを使います。
専用の容器に塗料をセットして、塗料を霧状に吹き付けます。
そのため、塗料がかなり飛び散る点には気をつけて施工を行わなければなりません。

 

□結局どちらがいいの?

塗装方法は2種類あることをお分かりいただけたでしょうか?
では、結局どちらの工法で塗装を行うのが良いのでしょうか?
結論から言うと、手塗り工法です。
なぜ手塗り工法の方をおすすめするのでしょうか?
それは、吹き付け工法は、音や塗料の拡散が激しい問題点があるため、なかなか集合住宅のような場所では行えないからです。
そのため、手塗り工法しか手段がない場合が多いのです。

ただ、吹き付け工法でないとできないデザインの外壁にしたい場合は、塗装業者としっかりと相談してから決めましょう。

 

□まとめ

今回は、「手塗り工法の特徴」と「吹き付け工法の特徴」をご紹介しました。
工法の違いによって、仕上がりに違いができることをご理解いただけたでしょうか?
住宅地では、近隣の住宅への配慮を考えると、吹き付け工法の使用はあまりおすすめしません。
住宅が密集地にある方は手塗り工法で外壁塗装を依頼すると良いです。

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム