福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   福岡で外壁塗装をしよう!白い粉が出てくるチョーキング現象とは?

福岡で外壁塗装をしよう!白い粉が出てくるチョーキング現象とは?

2019年06月10日

みなさんチョーキング現象のことをご存知でしょうか?
チョーキング現象とは、外壁から白い粉がふき出してくる現象のことを言います。
手に白い粉がついて驚いた方もいらっしゃるかもしれません。
そのような場合、もしかしたらあなたの住宅の外壁はメンテナンスが必要かもしれませんよ。
そこで今回は「チョーキング現象」について詳しく解説していきます。

□チョーキング現象って何?

結論からいうと、白い粉の正体は「外壁に塗った顔料」です。
顔料とは、色をつける塗料のことです。
外壁塗装は、色をつける塗料とそれを守るため「塗膜」を作り施工を行います。
「塗膜」の劣化により、「顔料」がふきだすことが原因でチョーキング現象は起こります。
では、塗膜の劣化はどのような場合に起こるのでしょうか?

*塗膜の劣化の原因

外壁に塗る塗膜は紫外線や雨、風にさらされていることで劣化していきます。
日光や雨が当たりやすい場所にある外壁は劣化の進行が早いです。
フッ素樹脂で塗膜を作ると、紫外線対策になるため、チョーキングが発生するのを抑える効果があります。
反対に、塗料に「アクリル」や「モルタル」を使った場合はチョーキングが早く発生してしまうことがあるので、注意しましょう。

□チョーク現象が起きたら放置してはいけません!

チョーキング現象が起こるということは、外壁を守る塗料が剥がれてしまっている証拠なので、放っておいてはいけません。
雨風によってさらに顔料が流れてしまう可能性があり、そうなると外壁がむき出しになってしまいます。
むき出しになってしまうと、外壁自体が劣化することにつながるので、住宅の耐久度が低くなってしまいます。
また、外壁の補修は後回しにすればするほど、コストが高くなる可能性があります。
大切な住宅を守るためには、きちんとメンテナンスをしてあげることが大事です。

□適切な対処が大切

先ほども述べた通り、チョーキング現象が起きたということは、塗膜が剥がれているということです。
そのため、まずは顔料を綺麗に洗い流し、下地を作ることも必要になってきます。
費用はかかりますが、しっかり業者さんと相談して、もう1度外壁を塗りなおしましょう。

□まとめ

今回は、チョーキング現象が起こる原因とその対処法をご紹介しました。
慌てずしっかり適切な対処をすれば、元の綺麗な家に戻ります。
まずは、住宅の状況を判断するために業者に点検してもらうのがオススメです。
安心してお住まいになるためにいつでもご相談くださいね。

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム