福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   福岡の外壁塗装業者が木材に外壁塗装するときの注意点を解説します!

福岡の外壁塗装業者が木材に外壁塗装するときの注意点を解説します!

2020年02月09日

「マイホームを外壁塗装したい」
「でも外壁が木材だから注意点が分からない」
外壁塗装は家のメンテナンスでもかなり重要なものです。
しかし、どのような点に注意すればいいのか、なかなか分からないと思います。
そこでこの記事では外壁塗装で失敗しないための注意点を紹介させていただきます!
福岡で外壁塗装をお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

□木材の性質と特徴

木材には水分などの湿気を吸収したり放射したりする性質があります。
また、そのような作用を持つことから、木の形を伸縮させる作用があります。
それも木材の特徴です。
ただ、全ての水分を吐き出すと、紫外線などを浴び続けて枯渇してしまいます。
そのため、ある程度の水分を残しておくのも木の性質です。
そうすることで、ひび割れなどを防いでいます。

 

 

□塗膜が長時間持たない

木材の外壁塗装は寿命が短いと言われています。
しかし、この寿命は建物のある地域によっても違います。
もっとも塗装が持たないのは「海沿い」の地域です。
この地域では、波や潮風によって塩害が発生します。
また、季節によって湿度が高くなる地域も、塗装があまり持ちません。
地域による塗装の寿命の差も把握しておきましょう。

 

 

□太陽の当たり方で劣化具合が変わる

木は紫外線に敏感な物質を多く持っています。
そのため、日光の影響を非常に受けやすいです。
日光には紫外線が含まれており、この紫外線が木の中の様々な物質を変異させ、変色などの劣化現象を起こします。
そうやって分解された木の繊維は、雨によって流されてしまい、劣化がより進行します。

 

 

□下地処理

木材においては特に下地処理がかなり大切です。
ケレンや研磨紙ずりなどの塗装面をあらかじめ整える作業は、木の外壁の場合必須です。
外壁塗装における下地処理は、後から塗る塗料をしっかりと密着させるための工程です。
下地処理では剥がれかかっている部分を取り除きます。
そのあと、塗料が密着しやすいようにわざと傷をつけます。
また、見積もりの際に、工程にこれらの作業が明記されているか確かめましょう。

 

 

□まとめ

この記事では外壁塗装をお考えの方に向けて、注意点を紹介させていただきました。
木材は劣化が早いため、早めのメンテナンスが欠かせませんね。
劣化が進んでしまうとかなり目立ってしまいます。
大切なマイホームの外壁ですので、大切にしましょう。
福岡で外壁塗装をお考えの方は、ぜひお気軽に私たちにご連絡くださいね。

 

 お見積り

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム