福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   外壁塗装でよく用いられている塗料の種類とその特徴について福岡の業者がご紹介

外壁塗装でよく用いられている塗料の種類とその特徴について福岡の業者がご紹介

2020年03月23日

「外壁塗装ではどのような種類の塗料が使われているのだろう?」
外壁塗装をする際には、どの塗料を選ぶのかが気になるかもしれません。
それぞれの特徴を知った上で比較したいですよね。
そこで今回は、外壁塗装でよく用いられている塗料の種類とその特徴について福岡の業者がご紹介します。

 

□外壁塗装でよく用いられている塗料の種類とその特徴について

外壁塗装にはいくつかの種類の塗料が使われています。
それぞれに違いがありますが、特に費用・性能・耐久性などを見ておきましょう。
ここでは、よく用いられているアクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素塗料などをご紹介します。

 

*アクリル塗料

外壁塗装で使われている塗料の中では昔から人気のある種類で、最も価格が安いです。
発売された当初は、モルタルのひび割れを修理する素材として重宝されました。
軽量なのが特徴で、色をはっきりと見せる効果があります。
小規模な塗装の剥がれであれば、とにかく安く済ませるためにはおすすめです。
透湿性も高いため、軒天などに使うと美しく仕上がるでしょう。

一方で、耐久性が短い点は考慮しておくのが重要です。
後々に発売された高性能の塗料と比べると、紫外線に弱いことが指摘されています。
塗り替えの目安は、4~7年ほどと考えておきましょう。
現在はあまり使用されていませんが、こまめに塗り替えをする場合やとにかく価格を抑えたいならおすすめです。
また、将来的に建て替えを検討する場合など一時しのぎの目的でも良いかもしれません。

 

*ウレタン塗料

アクリル塗料に比べると、防水性と耐水性が向上しています。
こちらも比較的に安く手に入れられるので、費用を抑えたい場合などに利用すると良いでしょう。
様々な用途に使われており、戸建て住宅の外壁リフォームでも候補に挙げられます。
柔らかく密着性に優れているのも特徴で、塗装の剥がれなどを部分的に補修したい場合におすすめです。
塗り替えの目安は6~10年ほどと考えておきましょう。

 

*シリコン塗料

外壁塗装で近年最も主流の塗料で、70%ほどのシェアを占めています。
ウレタン塗料と比較すると、耐久性と耐候性がさらに向上しました。
弾性に優れているのも特徴で、塗膜の下に小さなひび割れが生じても防水性を維持する特性も備えています。
非常に安定した性質が特徴で、耐久性と価格のバランスが良い点が人気です。
塗り替えの目安は8~15年と考えられています。

シリコン塗料と名前が付いていても同じ性能ではないことは注意しておきましょう。
耐久性の低い単層弾性のものも存在し、これが塗り替え目安の最短値です。
それだけ早期に不具合を起こして剥がれるリスクを抱えていますので、避けるのをおすすめします。
業者の中にはシリコン塗料をおすすめするところもあるかもしれません。
しかし、この耐久性の低いものの可能性があるため、何が使われているかをしっかりと確かめましょう。

また、撥水性が高いため、重ね塗りをすると付着力が弱まります。
下塗りを適切に行って、早期の剥がれが起こらないように気を付けましょう。

 

*フッ素塗料

耐久性が高い塗料の代表格で、費用の分だけ価値があります。
耐候性・撥水性にも優れており、長期的に見れば出費を抑えられるかもしれません。
注意点は、高価なことと汚れやすいことでしょう。
光沢の美しさなども魅力ですが、より価格の安い他の塗料がよく選ばれています。
塗り替えの目安は15~20年ほどです。

鉄骨や鉄琴コンクリートの建物と親和性が高いため、該当する家の方はご検討をおすすめします。
また、足場を設置するのが難しいところなど、工事自体に手間がかかるのであれば長持ちするものを選ぶのが良いでしょう。

 

□外壁塗装の塗料を選ぶ際に押さえておきたいポイント

使われている塗料にも様々な種類がありますので、何を使うかが悩ましいかもしれません。
塗料を選ぶ際に比較する点としておすすめしたいのが、価格・耐久性・性能です。
価格は、出費を考慮する際に無視できない存在ですよね。
基本的に耐久性が高いほど価格が上がりますが、長期的に見ることも大切です。
仮に耐久性が低いと、何度も塗り替えることになり、結果的には出費がかさむことも考えられます。

一時的に高額を支払うのか、それとも回数を分けるのかを判断すると良いでしょう。
性能に関してもそれぞれの塗料で違いますので、魅力に感じる特徴を探すのもおすすめです。
また、必ずしも同じ塗料で全ての場所を塗る必要がないことも押さえておきましょう。
たとえば、雨樋・木部・軒天部にはそれと相性の良い塗料が存在しています。
コストと性能を踏まえ、場所によって使う塗料を変えるのも一つの方法です。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装でよく用いられている塗料の種類とその特徴について福岡の業者がご紹介しました。
外壁塗装では記載した四つの塗料がよく利用されています。
それぞれに性能がありますので、ご自身が惹かれる点で塗料を選ぶのがおすすめです。
価格・塗り替えの目安・性能などで比べると良いでしょう。

お見積り

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム