福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   福岡で外壁塗装をお考えの方!外壁塗装を行うタイミングとは?

福岡で外壁塗装をお考えの方!外壁塗装を行うタイミングとは?

2020年04月16日

外壁塗装を行うべき基準にどのようなものがあるのかご存じですか。
気になってはいるものの、何もできていない方もいらっしゃるでしょう。
今回は、外壁塗装を行うべき最適な時期や劣化症状についてご説明します。

 

☐外壁塗装を行うタイミング

 

外壁塗装を行うタイミングとして最適なものに何があるのかご存じですか。
そのような事を考えたことがない方もいらっしゃるかもしれません。
今回はおすすめのタイミングをご紹介します。

 

*塗装が必要な劣化症状が出ている

 

代表的な外壁塗装を行うタイミングとして知られています。
劣化症状については、次の項目で詳しくご説明します。
また、劣化症状が出ている事に加えて、築年数が10年以上経っている建築物も、外壁塗装を行うタイミングとして最適だといえるでしょう。
なぜ築年数が10年経っていると外壁塗装を行うタイミングとされているかご存じですか。
それは、シリコン系塗料の耐年年数が10年とされているからです。

 

*塗装業者の繁忙期以外の時期

 

業者の繁忙期がいつであるかご存じですか。
春と秋が気候的に塗装に適しているとされています。
そのため、春と秋が繁忙期であるといえるでしょう。
繁忙期は予約等で予定が詰まっているため、不備が出やすい状況だといえるでしょう。
そのため夏や冬といった繁忙期と被らない時期に依頼することで、ゆっくり丁寧に作業を進めてもらえるでしょう。

 

☐外壁塗装を行うかどうかを見極める際の劣化症状

 

外壁塗装を行うべき時期は様々です。
劣化症状が現れた際も、行うべき時期の1つだといえるでしょう。
今から紹介する現象は、塗装が必要であるという合図だといえるでしょう。
どのような現象や症状が当てはまるのか、ご紹介します。

 

*チョーキング現象

 

聞いたことのない現象だと思った方も多いのではないでしょうか。
チョーキング現象とは外壁の塗装面に起こる劣化現象の1つで、壁を手で触ると白い粉状が付く現象です。
紫外線や直射日光、風、雨水などが原因で塗装が劣化し、成分の顔料がチョークの粉のように表面に付着している状態です。
このような現象が起こっている時は、塗料の耐久力が低下していることを示しています。
そのため、できるだけ早めに塗装を塗り替え流必要があるでしょう。

 

*ひび割れ

 

ひび割れは代表的な劣化症状として、よく知られていますよね。
ひび割れが、建物にどのような影響を与えてしまうのかご存じですか。
雨が入り込むことにより、構造材のカビや腐食等の要因になります。
見た目だけでなく建物自体の強度低下にも繋がります。
特に外壁そのものに入っているひび割れは、より深刻であるといえるでしょう。
どのような種類のひび割れが起きているか判別するのは難しいですよね。
そのような場合は外壁塗装業者やリフォーム専門業者に点検を依頼しましょう。
そうすることで、正しい方法で補修を行ってもらえます。

 

*外壁の汚れ

 

外壁や汚れてきたと感じたことのある方はいらっしゃいませんか。
そのような時こそ、塗装をする最適な時期だと言えるでしょう。
汚れているという事は、防水力や耐久性が低下していることを指しています。
そのため塗替えが必要な状態か点検してもらう必要があるでしょう。

また外壁の汚れだけではなく、カビやコケも注意する必要があります。
なぜなら適切な塗装をしなければ、すぐに再生してしまうからです。
1番重要なのは、外壁の汚れの種類を正しく判別し、正しい方法で塗装することです。

 

☐外壁塗装における季節ごとの利点と欠点

 

外壁塗装に適した時期はいつなのかご存じですか。
適した時期はあるものの、「気温5℃以下、湿度85%以上」という条件を満たしていれば、どの時期でも塗装工事は可能です。
気候が安定した春や秋はもちろんのこと、夏・冬に塗装工事を行う利点もあります。
季節ごとの利点と欠点をご紹介します。

 

*春と秋

 

利点として気温・湿度ともに安定している点が挙げられます。
この特徴は、春と秋の両方にあるといえるでしょう。
春の欠点は、春雨前線により雨となる可能性があるという点です。
一方秋は、秋雨前線・台風により雨となる可能性があります。

 

*夏

 

利点として晴れの日が多いため、塗装しやすいという点です。
欠点として台風・ゲリラ豪雨が通過する可能性があります。
夏は連日猛暑の続くにも関わらず、窓を開けられません。
そのためエアコンが欠かせません。

 

*冬

 

利点として降雪地域以外は湿度が低くなるという点が挙げられます。
湿度が低くなるため、塗装に適した湿度に近づいているといえるでしょう。
一方欠点として、凍結や降雪の可能性があります。

 

☐まとめ

 

今回は、ひび割れという誰もが知っているようなものから、チョーキング現象というあまり知られていないものまでご説明しました。
また、春や秋だけではなく、夏や冬でも塗装を行えることが分かっていただけたでしょう。
最優先事項を決めて、どのように外壁塗装を依頼するか計画を立てましょう。

 

お見積り

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム