福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   福岡で外壁塗装をお考えの方へ!外壁塗装の耐用年数はどれくらい?

福岡で外壁塗装をお考えの方へ!外壁塗装の耐用年数はどれくらい?

2020年05月23日

「外壁塗装における耐用年数について知りたい。」
外壁塗装を検討する際には、耐用年数について疑問をお持ちかもしれません。
得体の知れない言葉ですから、その意味やどの程度のものなのかの目安を把握しておきたいですよね。
今回は、外壁塗装における耐用年数に関して福岡の業者がご紹介します。

 

□外壁塗装の耐用年数とは何なのか

耐用年数とは、素材や塗料がどの程度長持ちするかを示したものです。
この時期を過ぎているようであれば、機能を失っている可能性もあります。
点検あるいは修理を検討した方が良いでしょう。
ただし、あくまでも目安であり、それよりも前に不具合は起こる可能性はあります。
塗料および建物の素材ごとにどの程度の長さであるかをご紹介しましょう。

 

□塗料別の耐用年数について

外壁の塗装で使われる塗料は、含まれる樹脂によって分類されることが多いです。
具体的には、アクリル・ウレタン・シリコン・ラジカル・フッ素・無機・光触媒・遮熱などがあります。
そして、これらの塗料は長持ちする目安が大きく異なるのです。
代表的な安い塗料してあげられるのがアクリル塗料とウレタン塗料でしょう。
特に前者は、外壁塗装で使われている塗料の中では一番の古参で、最も価格が安いです。
軽量なのが特徴で、色をはっきりと見せる効果があります。
透湿性も高いため、軒天などに使うと美しく仕上がるでしょう。
一方で後者は、柔らかく密着性に優れているのも特徴です。
塗装の剥がれを部分的に補修したい場合に使うと良いでしょう。
塗り替えの目安は、前者が4~7年ほど・後者が6~10年ほどです。
シリコン塗料は、紫外線に強く、汚れにくい塗膜を作る点が魅力です。
また、耐久性と価格のバランスが良い点も人気を集めています。
費用耐効果が大変良く、8~15年は持つと考えられるでしょう。
これまでは8~9割のシェアを占めており、外壁塗装の塗料と言えば挙げられていました。
このシリコン塗料の牙城を崩したのが、2012年に発売されたラジカル塗料です。
高緻密無機シールド層と呼ばれる機能を持っていて、ラジカルを抑制する効果があります。
ラジカルは、樹脂や顔料の有機物を劣化させるエネルギーによる塗膜の劣化です。
塗料を作る際に、酸化チタンと呼ばれる白色の顔料を使いますが、これに紫外線があたることでエネルギーが発生します。
このエネルギーは、塗料の樹脂に損害を与えるため、塗膜が傷み、徐々に機能を失うのです。
ラジカル塗料は、このラジカルを抑制し、紫外線があっても塗膜を安定させます。
結果的に、汚れにくく劣化を防ぐことが期待できるのです。
こういった機能を持つことで人気を集め、新しい主力になるかもしれません。
耐用年数は、12~15年ほどを目安だと推定されています。
さらに丈夫な塗料の代表格が、フッ素塗料です。
外壁に密着しやすいため、長時間風や雨を受けても隙間を作らずに壁を守ります。
家の屋根や外壁を紫外線のダメージから守る、耐候性の高さも魅力のひとつです。
炭素とフッ素の結合が非常に強固で、紫外線で破壊されにくい点も特徴に挙げられます。
紫外線を受けても色あせや劣化の進行を抑えられるでしょう。
耐用年数の高さは、15~20年ほどが目安と押さえておきましょう。
これと同じくらいの耐用年数と言われているのが、無機塗料・遮熱塗料・光触媒塗料です。
遮熱は、赤外線など熱を帯びたものを遮断して、住宅が熱くなることを避ける機能を持ちます。
光触媒塗料は、太陽光が当たることによって塗膜に付着した汚れが分解され、雨水によって勝手に落ちるのが強みです。

 

□外壁材別の耐用年数について

外壁塗装に関しては長くても十数年での塗り替えを求められています。
一方で、外壁材そのものに関しては長持ちするのが特徴です。
たとえば、ガルバリウム鋼板の目安は20~25年でほぼ修理の必要がありません。
現在最も広く知られている外壁材で、錆を防ぐことでさらに寿命を延ばせます。
価格がそれほど高くない点もメリットに挙げられるでしょう。
サイディングやモルタルの外壁には塗り替えが必要ですが、素材そのものは30年ほど持ちます。
特に前者は近年、大幅に耐久性を向上させた新商品も出ています。
また、タイルに関しては、10年ごとの打ち替えをするのが必要です。
紫外線の影響を受けないために耐久性が高い点が強みに挙げられます。
一方で、タイル地や目地などの劣化が欠点のため、修理が求められているのです。
雨水が侵入すると、浮きや剥離などが生じやすいため注意しましょう。
素材そのものは40~50年持ちますので、長い目で見るとお得に感じるかもしれません。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装における耐用年数に関して福岡の業者がご紹介しました。
耐用年数とは、素材や塗料がどの程度長持ちするかを示したものです。
塗料に関しては数年~十数年と幅がありますので、選ぶ際の参考にしましょう。
また、外壁材の多くは何十年と長持ちする点も押さえておくのがおすすめです。

お見積り

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム