福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   福岡市にお住まいの方へ!外壁塗装の遮熱燃料とは?

福岡市にお住まいの方へ!外壁塗装の遮熱燃料とは?

2020年07月30日

福岡市で外壁塗装をしようと考えている方も多いと思います。
外壁塗装で使用する塗料には様々な種類がありますが、遮熱塗料についてご存じでしょうか。
省エネ効果があると言われている遮熱塗料とはいったいどのような塗料なのでしょうか。
今回は、遮熱塗料の特徴や選び方についてご紹介します。

 

□メリットとデメリットとは

 

省エネ効果があると言いましたが、実際にどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

*メリットとは

 

主なメリットとして3つ挙げられます。

1つ目は、遮熱効果があることです。
太陽光のエネルギーを跳ね返らせるので、気温が高い夏の日でも、太陽光による暑さを軽減できます。
一般的には、2〜3度の温度差が生じると言われており、猛暑の日でも快適に過ごせるようになるでしょう。
また、冷暖房の効率も上がるので、光熱費の節約も期待できます。

2つ目は、外壁の寿命が長くなることです。
遮熱塗料を塗った部分は、表面温度を低くでき、熱から受ける影響を軽減できます。
金属材に塗った場合は、温度差による熱膨張を防止できるので、寿命を長くできるに違いありません。
長く住む家の外壁は大切な部分なので、長く保ちたい方にはぴったりでしょう。

3つ目は、補助金を受け取れる可能性があることです。
二酸化炭素の増加防止に繋がるので、遮熱塗料を使用することで、補助金が給付される可能性があります。
補助金が給付された場合、他の塗料を使うよりも費用を安く済ませられるかもしれません。
家がある地域の自治体によっては、補助金が出ない場合もあるので、あらかじめ確認するようにしましょう。

 

*デメリットとは

 

主なデメリットとして、3つ挙げられます。

1つ目は、価格が高いことです。
効果が優れていることから、他の塗料と比べて価格が高い傾向にあります。
シリコン塗料と比較すると、種類によっては2倍の価格になることもあるので、手を出しにくいと感じる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、非常に優れた効果を持つので、塗料の効果を重要視したい方にはおすすめです。

2つ目は、塗膜が汚れると効果が薄まることです。
遮熱効果は、塗膜が綺麗でないと十分な効果を発揮できません。
遮熱効果を持続させたいなら、定期的な塗膜の洗浄をする必要があります。
洗浄が面倒だと思う方は、遮熱塗料の中でも親水性が高い塗料を選ぶようにしましょう。

3つ目は、扱いにくい塗料であることです。
工事をする業者の中では、遮熱塗料は扱いにくい塗料だと言われています。
扱いにくいことから、塗装の際にムラができてしまうこともあるようです。
遮熱塗料を使用したい場合は、過去に遮熱塗料を使ったことがある業者に依頼するようにしましょう。

 

□遮熱塗料の選び方とは

 

遮熱塗料の中でも、いくつも種類があるので、どれを選べば良いか分からないという方も
いらっしゃるでしょう。
遮熱塗料の中でも、長期的に遮熱効果を持つ塗料を選ぶことが大切です。
家の外壁の状態や周辺環境によって、最適な塗料は変わってきますが、良い塗料を見極めるためのポイントをご紹介します。

まず、種類によって性能は異なるのでJIS規格がある塗料を選びましょう。
JIS規格がある塗料とは、国が定めたという証明がある塗料のことです。
種類がたくさんある中でも、JIS規格がある塗料は安心して使えるでしょう。

次に、日光反射率と対候性が高い塗料を選びましょう。
遮熱塗料の大きなメリットは、何といっても太陽光のエネルギーを跳ね返せることです。
耐候性が低い塗料は、遮熱効果が長く続かない可能性があります。
塗料を選ぶ際は、日光をしっかり反射することと、耐候性が高いことを重視して選ぶようにしましょう。

その他にも、汚れにくい塗料や白に近い色の塗料を選ぶこともおすすめです。
汚れにくい塗料だと、塗膜を汚れから保護できるので、遮熱効果を長く保てるようになるでしょう。
また、黒色の塗料よりも白に近い塗料を選んだ方が、日光の反射の効率も上がります。

 

□遮熱塗料はどのような人が向いているのか

 

遮熱塗料が向いている人の特徴として、2つ挙げられます。

1つ目は、予算に余裕がある人です。
デメリットとして紹介したように、遮熱塗料は他の塗料と比べると、価格が高くなってしまいます。
効果は優れてなくていいから、安い価格のものを使いたいという方にはあまりおすすめしません。
しかし、性能は非常に優れているので、長い目で見るとトータルコストは安くなる可能性もあります。

2つ目は、冬の寒さよりも夏の暑さに耐えられない人です。
遮熱効果があり、夏は太陽光を跳ね返すので比較的涼しいと感じるかもしれませんが、冬には効果がありません。
夏でもそこまで気温が上がらない地域に住んでいる人は、あまり効果を実感できない可能性があります。
暑さに耐えられず、快適に夏を過ごしたい方にはぴったりでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、遮熱塗料の特徴や選び方についてご紹介しました。
遮熱塗料について知らなかった方も、この記事を読んで知れたのではないでしょうか。
メリットがある反面、デメリットもあるので、しっかりと確認したうえで、購入を決めるようにしてください。
遮熱塗料を使って、夏でも快適な生活が送れると良いですね。

お見積り

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム