福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   福岡市の屋根塗装でお悩みの方へ!雨の影響について解説します

福岡市の屋根塗装でお悩みの方へ!雨の影響について解説します

2020年11月06日

お住いの地域は雨が多く、雨天時における屋根や外壁の塗装工事に関して疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
建物の外観や耐久性に大きく関わる部分なので、不安になることも多いでしょう。
そこで本記事では、雨季に塗装工事を行うデメリットや注意点について解説します。

 

□屋根塗装で雨天が好ましくない理由とは

屋根や外壁の塗装に関して、塗装の完成度には様々な要因が関係しています。
中でも特に重要なのが「天気」です。

本項では第一に、塗装作業においてなぜ雨が適していないのかについて説明します。
第一に挙げられる理由として、「塗料に雨水が混ざってしまう」点が挙げられます。
雨天時に塗装工事を行った場合、どうしても塗料に雨水が混入するのは避けられません。
もしも雨水が混ざってしまうと様々な弊害をもたらします。

まず、塗装後の塗料を雨が洗い流してしまい、きれいな仕上がりになりません。
色合いや質感が低下するのは、屋根や外壁の美観に関わる大きなマイナスポイントですよね。
また、塗料が雨水で希釈されてしまい、通常の塗料よりも長持ちしづらくなり、剥がれやすくなります。
剥がれやすいのは「チョーキング現象」の原因となり、重大な欠陥に繋がります。

さらに、雨天時の湿度が高いコンディションで塗装工事を行った場合、塗装で最も重要な「乾燥させる」という工程が台無しになるのです。
通常の塗装工事では、塗装した後の塗料を乾燥させることで「塗膜」を発生させます。
この塗膜があることで、外壁が雨風や紫外線から保護されているのです。

しかし、塗り終わった後に乾燥させないままだと塗膜が形成されません。
その状態で上から新しい塗料を塗っても、塗膜がないため壁に乗りにくく、のちにひび割れや塗装の剝がれ、及びクレーターが発生する原因となるのです。

上記に加えて、温度や湿度も雨以外にも避けるべき要因として挙げられます。
後述しますが、大気のコンディションは塗料の乾燥を大きく左右します。
以上が、湿度の高い雨季における塗装工事がよくないとされている理由です。

 

□雨の多い時期に塗装したい場合の対処法を解説します

基本的に、上述の通り雨天時に塗装工事を無理に進めることはできません。
塗装の仕上がりが汚くなるのはもちろん、屋根に塗装する場合は足場も濡れて危険ですよね。
ただし、絶対に塗装ができないというわけではありません。

雨の多い時期に塗装をするデメリットと気をつけたいポイントを知っておけば、雨が多い時期であっても塗装はできます。
本項では主に雨季において留意すべきポイントについて解説します。
第一に気を付けるべきポイントとして、「天気を予測する」センス及びスキルを得ることです。

雨季の塗装工事でよくあるのが、突然の雨のせいで工事を中断するケースです。
天候によっては、工期が倍以上にも伸びることがまれにあります。
雨の中での作業は絶対にできません。

そのため、予め天候を予測するのは必須スキルといえます。
業者を選ぶ際には、その地域の天気の特性を熟知しているところを選ぶとよいでしょう。

2つ目のポイントとして、地域に根付いた業者を選ぶことが挙げられます。
上記に述べたその地域特有の天候のノウハウだけでなく、様々な地域の事情に精通している業者を選びましょう。
有事の際には、直ちに駆けつけてくれる利点があるのも、地域密着型の業者の特性です。
ここで注意したいのが、優良業者と同時に悪徳業者を見極めることです。

塗装業者の中には、雨天でも「安全だから」といって平気で工事を進めようとするものもあります。
休まずに工事をしてくれる業者の方が誠実かつ熱意が見られるかもしれません。

しかし、その結果外壁の完成度が低くなってしまっては本末転倒ですよね。
雨季はそういった業者を見極める絶好の機会なのです。

 

□雨にまつわるトラブルを回避するためには

雨天はもちろん、前項で湿度や温度にも気を付ける必要があると解説しました。
工事に適したコンディションの基準が気になる方も多いと思いと思います。
塗料メーカーは塗料の効果を最大限に発揮させるための基準として、気温が5度以下で、湿度が85パーセント以上の塗装は避けるべきと示しています。
上記に該当するコンディションでの施工は避けるべきでしょう。

また、長続きする雨の場合は工事も長引きます。
そういった場合、不安なのが料金についてです。
基本的に、天候が原因での延期については、業者が想定できた範囲内での出来事なので追加料金は発生しません。
しかし、新たな箇所の塗装が発生した場合や、塗装のグレードアップの場合はその限りではありません。

 

□まとめ

今回は雨天時の塗装工事のデメリットや注意点について解説しました。
雨の時期において、天候のタイミングの判断と同じくらい業者選びは大切です。
福岡市の塗装でお悩みの方は、お気軽にハヤトリフォームにお問い合わせください。
施工からアフターサービスまで、お客様の要望に責任をもってお応えします。

 

お見積り

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム