福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   外壁塗装中に換気扇は回せるのか?福岡市の専門業者が解説!

外壁塗装中に換気扇は回せるのか?福岡市の専門業者が解説!

2020年11月23日

外壁塗装工事が始まると、窓が養生されてしまい、部屋に臭いや空気がこもりがちですよね。
しかし、思いきって換気扇を回すと、外からのきつい塗料の臭いやほこりが気になる方も多いと思います。
そこで今回は、外壁塗装中に上手く換気する方法を、福岡市の塗装専門業者が紹介します。

 

□外壁塗装中に換気する方法とは

外壁塗装中は、まったく換気できないといったイメージを持たれがちですが、工夫次第で換気は可能です。
ここでは、その方法を3つご紹介しましょう。

1つ目は、タイミングを見計らうことです。
塗装中はいつでも窓を開閉できるわけではありませんが、工事日程によっては窓を開けられるタイミングというのが存在します。
一般的な工期である2週間のから3週間のうち、2から4日目のシーリング工事や、6から7日目の外壁乾燥中であれば、窓を開けられるでしょう。
さらに12日目以降の養生を取ったあとであれば、完全に窓を開けて換気できるようになります。

つまり工期が2週間であると仮定すると、約半分の7日間は窓を開けられるというわけですね。
それに加えて、下塗りから上塗りの塗装中であっても、塗装面の反対側の窓であれば開けて換気しても良いことが多いでしょう。
また、工事が行われていない夜中は、基本的に窓を開閉できます。

2つ目は、業者に頼んで開けたい窓を事前に指定しておく方法です。
塗装中に窓を開けられるタイミングがあるものの、その窓が養生されてしまうと開閉はできなくなってしまいます。
そのため、作業が始まる前に開けたい窓を業者に伝えておきましょう。
また、窓を開けると同時に扇風機を回すと、より効率的に換気できます。

3つ目は、換気扇を使用することです。
こちらも事前に業者に相談しておくことで、工事中も使用できるでしょう。
この際は、換気扇の排気口を養生しないでほしいといった旨を伝えておくだけで大丈夫です。

塗装中は塗料のきつい臭いが気になる方が多いでしょう。
そのため、換気扇でそのストレスを解消することをおすすめします。

 

□塗料の選び方で臭いを抑えられる

換気によって部屋の臭いは追い出したら、今度は外のきつい塗料の臭いが気になる方も多くいらっしゃるでしょう。
窓を開けて換気する以外にも塗料の臭いを抑える方法があるため、ご紹介します。

それはズバリ、臭いが発生しにくい水性塗料を選ぶことです。
外壁塗装に使われる塗料は、同じ種類のものであっても使用方法によってタイプが異なります。
そして、これは希釈液の違いによってタイプが分類されることが多いでしょう。
一般的に水性塗料と油性塗料(溶剤塗料)の大きく2つに分けられており、臭いが比較的抑えられているのは水性塗料の方です。

この塗料は、希釈液が真水であるため、刺激臭を伴いません。
その一方で油性塗料には、希釈液に刺激臭のあるシンナーが使われているため、塗装時に強い臭いが発生してしまうでしょう。
水性塗料は、油性塗料に比べて密着性と耐久性が低いことがデメリットとして挙げられていました。
しかし、近年開発された水性塗料は油性塗料とほとんど同じ性能を持つと言われています。

そのため、塗料の臭いが苦手な方や小さいお子様がいるご家庭の方は、水性塗料を使用できるか契約前に業者に相談してみることをおすすめします。
大半の業者は水性塗料を取り扱っているため、使用を断られることはほとんど無いでしょう。
しかし、水性塗料を使用しているからといって、完全に無臭になるわけではありません。
水性塗料は、あくまでも刺激臭を抑えられる程度であることを覚えておきましょう。

 

□塗装中の洗濯物の干し方とは

塗装工事中に洗濯物を外干しすると、臭いが移ってしまいそうで不安ですよね。
しかし、住宅の外壁に使われる一般的な塗料であれば、よほどのことが無い限り臭いが移ることはありません。
その一方で、極端に塗料に近い場所で干したり、本格的な塗装が行われる日に風下で干したりすると、多少臭いがつく可能性があるため、避けることをおすすめします。

また、臭い移りではなく、塗料が直接洗濯物に付着する可能性も考えられます。
そのような事態を防ぐためには、事前に職人の方に洗濯物を干す位置を伝えておくことが大切です。
そうすることによって、職人さんたちも洗濯物を考慮した塗装を行ってくれるでしょう。

そしてこれは夜の間に干す場合にも同じことが言えます。
夜間は職人さんが作業していないため、事故などの心配をすることなく外干しが可能ですが、風向きや干す場所によっては汚れや臭いが付着することが考えられるでしょう。
そのため、夜に外干しする際でも、前もって業者に相談することをおすすめします。

 

□まとめ

外壁塗装中は、塗装業者と相談したり、上手くタイミングを見計らったりすることで換気ができます。
今回紹介した方法を参考に、工事中も快適に過ごしてください。
福岡市で多くの実績を持つハヤトリフォームでは、塗装だけでなくアフタフォローにまで力を入れています。
業者選びでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

お見積り

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム