福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   外壁塗装のクリア塗装とは?福岡市の専門業者が解説!

外壁塗装のクリア塗装とは?福岡市の専門業者が解説!

2021年01月23日

皆さんは塗装方法の1つであるクリア塗装をご存知ですか。
「知らない」、「初めて聞いた」なんて人も多いかもしれません。
しかし、外壁塗装をお考えの方の中には、クリア塗装が最適だというお客様もいらっしゃいます。
そこで今回は、福岡市の専門業者がクリア塗装について詳しく紹介しましょう。

 

□クリア塗装とは

クリア塗装とは、名前の通り下地が透けて見える無色透明な塗料を使用した塗装のことです。
通常、外壁塗装に使用される塗料には顔料が含まれており、この顔料のおかげで色が出ます。

顔料という言葉を聞いたことがない方も、プリンターのインクなどで染料と顔料を目にしたことがあるかも方もいるでしょう。
染料が水や油に溶けるのに対し、顔料はそれらに溶けないのが特徴です。
つまり、クリア塗装は、使用する塗料に顔料が含まれておらず、色がない無色透明な塗装が可能なのです。

一般的な外壁塗装は、上から完全に塗装することで、今までとは異なる新しい外壁を実現させます。
しかし、クリア塗装は、塗り替えというよりも保護や艶出しの役割を果たします。

そのため、塗料を使って外壁が塗装されている家だけではなく、石目調やタイル調、レンガ調などのデザインをした外壁の家にもおすすめです。
今の気に入っている素材や模様を活かしたまま、外壁を守れるので、「せっかく気に入っていた素材や模様がなくなってしまった」と後悔せずに済むでしょう。

模様にこだわりがなくても、外壁の色にこだわりがある方にも、この塗装はおすすめです。
外壁塗装工事では、以前の色と全く同じ色で塗装を試みても、完全に元の色を再現するのは難しいと言われています。
現在の色、柄、素材、が気に入っている人は、ぜひ読み進めてみてください。

 

□クリア塗装のメリットとデメリットとは

*メリットについて

クリア塗装をすれば、外壁に艶が出せます。
艶のある外壁は新しく見え、汚れもつきにくいです。
そのため、必要最低限のメンテナンスで外壁を綺麗に見せ続けたい方におすすめでしょう。

「艶を出すだけで、汚れは落ちなさそうだし、普通の塗装で良い」と思った方もいるのではないでしょうか。
しかし、クリア塗装は見た目を良くするだけではありません。
外壁材の耐久性を高めたり、劣化を起きにくくしたりします。
ただし、この性能は製品によって変わるため、自分の住宅環境に合った製品を選びましょう。

劣化が起きにくい理由を1つご紹介します。
皆さんは、外壁を触ったとき、手に白い粉がついた経験はありませんか。
これはチョーキング現象と言われており、塗料に含まれる顔料が劣化により表面に現れてしまう現象なので、顔料が含まれないクリア塗装ではこの現象が起こらないのです。

 

*デメリットについて

沢山メリットがありましたが、クリア塗装には、使用できる材質と使用できない材質があるというデメリットが存在します。

例えば、シーリングした部分に使えません。
シーリングとは、外壁のボードとボードの隙間を埋めるために目的材を充填することです。
シーリング部分にクリア塗装をしてしまうと、塗膜が汚れたり剥がれたりし、ひどい場合には割れにも繋がるためおすすめできません。

他にも、クリア塗装には材質によって向き不向きがあるので、本格的にお考えの際は、業者に相談してみましょう。
そのため、クリア塗装を行う場合は、まず今の外壁がどのような状態なのかを知ることから始めるのが良いかもしれません。

 

□クリア塗装の推奨が困難な場合とは

不可能ではありませんが、クリア塗装を一概におすすめしきれない場合もあります。

1つ目は、チョーキング現象が進行している外壁です。
先ほどメリットとして、この現象が起きにくいことをご紹介しましたが、すでに劣化が起こっている場合は別です。
すでに塗料の顔料が浮き出ている状態で、クリア塗装をすると白ボケしたようになってしまいます。

もし、チョーキング現象が起きている外壁にクリア塗装をしたい方は、一度色付きの塗装を行った後に、上からクリア塗装をしましょう。
しかし、その場合は普通の塗装を行った後に、上からクリア塗装を行うので、費用が高くなってしまうことに注意しましょう。

もう1つひび割れが発生している場合も難しいでしょう。
色がある塗装であれば、ひび割れを補修した後に上から塗装を行うことで補修跡を見えなくできます。
しかし、透明なクリア塗装の場合は補修跡がそのまま見えてしまいます。
そうすると、どうしても見栄えが悪くなってしまいます。

そのため、どうしてもクリア塗装をしたい方は、先ほどと同じように、補修後、一度色付きの塗料の後にクリア塗装をしましょう。
しかし、この場合もやはり工事工程が増えるため、費用が多くかかってしまうことは注意してください。

 

□まとめ

今回は、クリア塗装について紹介しました。
クリア塗装は、見た目が良くなるだけでなく、外壁を長持ちさせるという素晴らしい機能を持っています。
その一方で、あまりおすすめできない場合もあるため、自分の家の外壁がどのような状態なのかをしっかりと確認してから行うようにしましょう。

 

お見積り

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム