福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   外壁塗装で遮熱塗料を使用するメリットとは?福岡市にお住まいの方必見!

外壁塗装で遮熱塗料を使用するメリットとは?福岡市にお住まいの方必見!

2021年04月16日

福岡市で外壁塗装をお考えの方はいらっしゃいませんか。
1年中快適に過ごすためには、遮熱塗料を用いるのがおすすめです。
しかし、遮熱といっても、断熱との違いについて分からない方は多いと思います。
そこで今回は、遮熱塗料と断熱塗料の違いや、遮熱塗料のメリットと選び方について紹介します。

□遮熱塗料と断熱塗料の違いとは

遮熱塗料と断熱塗料は、熱の移動を抑えられるという点では共通しています。
しかし、それぞれで熱の移動方法に対して異なる効果があります。
ここでは、両者の違いについて、期待できる効果の点から解説します。

まずは、熱の伝わり方を押さえておきましょう。
「伝導」「対流」「輻射」という、3種類の伝わり方があります。

伝導とは、固体が媒介して熱を伝える方法であり、固体と触れることで熱の移動が行われます。
缶コーヒーを持つと、手が温かくなるのがこの例です。

対流とは、気体や液体などの流体が媒介して熱を伝える方法であり、熱を蓄えた流体によって熱が移動します。
エアコンをつけると、冷風や温風が空気が移動し、室内温度が快適な温度になるのは対流によるものです。

輻射とは、熱を伝えるのに媒介物が不要な方法です。
熱を持つ物体が放出した電磁波が空気を移動し、別の物体に到達すれば熱エネルギーに変わって移動が行われます。
太陽の熱が人間に伝わるのもその原理です。

*遮熱塗料

遮熱とは、輻射で伝わる熱を内部に吸収しないように反射させる性能のことを指します。
伝わった熱の一部は吸収したり、通り抜けたりしますが、通り抜けた熱は対流や輻射によってどんどん移動します。
遮熱塗料は太陽熱が屋根や外壁に達した時の反射を高め、通過する熱を削減し、表面の温度上昇も抑えます。
しかし、内部から熱が逃げるのを抑える効果はないため、夏場の暑さ対策として考えましょう。

*断熱塗料

断熱とは、伝導で伝わる過程で、熱の量を小さくする性能を指します。
断熱性能の働きで熱の量が小さくなりますが、残りの熱が通り抜けるとそこから対流や輻射により移動します。
断熱塗料は太陽光が屋根や外壁に達し、塗膜を伝わっていく熱の伝導を抑える効果があります。
断熱塗料を塗装すれば、内部からの熱が逃げるのも防げるため、夏に限らず冬でも室内の温度を管理できます。

□遮熱塗料を用いるメリットとは

最近は、地球温暖化の影響で夏場になれば真夏日や猛暑日を記録する日が増え続けています。
外壁塗装に遮熱塗料を使うことで、太陽から発生する熱エネルギーが減少し、家全体の温度上昇を抑えられます。
ここでは、外壁塗装に遮熱塗料を使用するメリットを3つご紹介します。

1つ目は省エネ効果を期待できることです。
遮熱塗装をすることで、室内の温度上昇を抑えられるため、冷房の温度を下げる必要がなく、省エネ効果が期待できます。

2つ目は塗料の耐久性が高いことです。
一般的に塗料の耐用年数は5から7年と言われますが、遮熱塗料は15から20年もつとされます。
短期間で何度もメンテナンスを受ける必要がなくなり、手間が省けるでしょう。

3つ目は外壁のダメージを軽減できる点です。
銅板サンディングなどの金属製の外壁を使っていると、高熱が加わった際に膨張することがあります。
日が落ち、外壁の温度が低下すれば収縮しますが、膨張と収縮が繰り返されると、ひび割れや外的ダメージの原因となります。
遮熱塗料を使用することで、それらのトラブル防止につながります。

□遮熱塗料の選び方とは

遮熱塗料とは何かについて分かっていただけたかと思います。
しかし、いざ遮熱塗料を選ぶ際には、さまざまな種類があるため困りますよね。
そこで、塗料の選び方について2つ紹介します。

1つ目は、JIS規格を参考にすることです。
2018年に日本塗料工業会により、遮熱塗料の標準を決定したJIS規格が定められました。
そのため、反射率や断熱、放射など熱性の計測の比較が可能となり、星1から3でランクを付けを行っています。
日塗工ホームページでも登録された商品や遮熱性能の確認ができるので、参考にすると良いでしょう。

しかし、JIS規格は最近に制定されたため、まだ登録されているものは多くありません。
あくまでも参考として、評価の高いものを知っておくのがおすすめです。

2つ目は、効果の高い遮熱塗料を選ぶことです。
遮熱塗料を選ぶ際は「日射反射率」や「汚れにくさ」に気を付けましょう。
日射反射率とは、太陽光をいかに反射できるかを数値化したものです。
この値が高ければ、その分遮熱効果が期待できるでしょう。

また、汚れは効果を下げる原因となるため、汚れにくいものを選ぶのもポイントです。
効果の高いものを見分けられれば、長い間遮熱効果を保ち続けられます。

□まとめ

遮熱塗料と断熱塗料の違いや、遮熱塗料のメリットと選び方について解説しました。
ハヤトリフォームでは、工事に無駄がなく、どんな家でも最適の予算で最高の仕上りを実現いたします。
外壁塗装でお悩みの方は、ぜひ当社にご相談ください。

お見積り

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム