福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  専門家コラム一覧  >   春日市で外壁塗装を考えの方へ!サイディングとは?

春日市で外壁塗装を考えの方へ!サイディングとは?

2021年05月06日

春日市にお住まいで、外壁塗装を検討中の方はいらっしゃいませんか。
そんな方に知っていただきたいのが、サイディングです。
今回はサイディングとは何か、サイディング外壁に塗装できる塗料や塗装する際の注意点について紹介します。

□サイディングとは何か

サイディングとは、外壁に使用される壁材の1つです。
壁の広さによってサイディングボードを切り取り、壁に沿わせて張り合わせ、つなぎ目をしっかり埋めて外壁を作ります。
比較的に費用が抑えられデザインも自由であるうえに、耐熱性や耐久性に優れているため人気です。
過去にはモルタルなどで壁を張る工事が多かったものの、最近では国内外壁材シェアの80パーセントをサイディング材が占めています。

それではサイディング材とモルタルの違いとは何なのでしょうか。
最も大きい差は、工事の方法です。
モルタルを使用した工事では、壁の表面に手作業で塗りますが、サイディングでは板を外壁に沿って張り合わせます。

モルタル壁は高級感のある見た目が特徴で、重厚で味わいがある仕上がりになり、サイディングに比べ汚れや色あせに強いとされています。
しかし、手作業での施行となるため、時間と費用がかかります。

サイディング材はあらかじめ工場で出来上がった壁材を張り合わせる作業が主のため、工期が短く、価格が抑えられます。
さらにデザインが豊富で、家の見た目を大きく変えられます。
しかし、ボードのつなぎ目に施すコーキングが年が経つと劣化するため、10年を目安にメンテナンスを受ける必要があります。

□サイディング外壁に塗装できる塗料とは

サイディングとは何かについて、分かっていただけたでしょうか。
続いてサイディング外壁に塗装できる塗料を5つ紹介します。

1つ目はアクリル系塗料で、耐用年数は4年から7年と言われています。
耐用年数が比較的短いため費用は安いですが、何度も塗替えが必要です。
そのため、どの部分に用いるかは慎重に決めましょう。

2つ目はウレタン系塗料で、耐用年数は6年から10年と言われています。
耐用年数や耐候性など性能が高いにも関わらず、費用がそれほど高くない塗料です。
メンテンナンスの頻度や費用を踏まえたうえで選ぶことが大切です。

3つ目はシリコン系塗料で、耐用年数は8年から15年と言われています。
耐用年数が高く、費用も高くないため、お客様や業者共に人気の塗料です。
塗料選びで迷った方は、とりあえずこれを選んでおくと無難でしょう。

4つ目はフッ素系塗料で、耐用年数は15年から20年と言われています。
耐用年数が長いため、今後を考えると何度も塗りなおす手間が省け、費用も抑えられるため魅力的でしょう。
価格は比較的高いですが、その分きっちり性能が高いのが特徴です。

5つ目は特殊系塗料で、耐用年数は15から20年と言われています。
熱を抑える遮熱系や断熱系、自然の力を活用し汚れを落とす無機系、その他にもさまざまなものがありますが、どれも高い効果があり、耐用年数も長いです。
費用が高いため、予算とのバランスを考え、超えないように気をつけましょう。

□サイディングに塗装をする際の注意点とは

サイディング塗装をする際の注意点について3つご紹介します。

1つ目は、弾性系の塗料を使用しないことです。
サイディングは表面温度が高くなりやすいという特徴があります。
そのため、伸縮性のある弾性塗料を使用すると、表面温度が高くなった際、塗膜が熱で柔らかくなります。

サイディングが吸収した水分が蒸発する際には、柔らかくなった塗膜が膨らみ、剥がれや膨れにつながります。
サイディングには表面が高温にならないよう断熱材が入っていますが、夏場になるとこのような劣化現象が起こる可能性があるため注意しましょう。

2つ目は、シーリングの補修をしっかりとすることです。
サイディングはつなぎ目に、ゴム状のシーリングを使用しています。
その部分にひび割れが生じ、劣化した状態で放置すると、雨水が浸透しやすくなり、内部が腐ったり、雨漏りしたりする可能性が高まります。
そのため、シーリング部分が劣化している場合は、きちんと補修しておくことが大切です。

3つ目は、劣化が進むとクリヤー塗装が使えないことです。
サイディングの模様を維持するために、透明な塗料のクリヤー塗料をお考えの方は多いです。
ただし、サイディングの劣化状況によっては、使えない場合もあるため注意が必要です。
目安としては10年より早めに塗替えをしておくと安心でしょう。

もしクリヤー塗料が利用できない場合は、塗りつぶす方法と2、3色で分けて塗装する方法があります。
後者は手間がかかるため費用が高くなる場合があり、業者によっては対応していない所もあります。

□まとめ

サイディングとは何か、サイディング外壁に塗装できる塗料や塗装する際の注意点について解説しました。
この記事を参考に、サイディングを候補の1つとして考えてはいかがでしょうか。
当社ではお客様に満足いただけるよう、相談しながら慎重に塗装を進めさせていただきます。
外壁塗装をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

お見積り

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム