福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  現場ブログ一覧  >   遮熱材ってどんなもの

遮熱材ってどんなもの

2020年05月10日

 すべての物質は、たえず輻射熱を反射したり吸収したり、放出したりしています。
中でも輻射熱を良く反射するものとして、金、銀、銅などの貴金属が上げられます。
しかし、これらの素材は高価で建築材料としては使用できません。
 ところが、高純度のアルミニウムは輻射熱を良く反射する素材として知られ
古くから包装材であるプチプチなどの表面に貼り遮熱材として使われてきました。
一般的には、アルミ純度99.5%以上の物であれば、輻射熱に対する反射率も95%以上の性能を持っています。
しかし、包装材ですから厚みがあり建築資材には不向きです。
 日本遮熱は、地球温暖化対策にはあらゆる設備や建物に対処できなければという観点から厚みにこだわり
現在の0.1mm程度の超薄型までにすることができました。
厚み0.1mmとはいえ、断熱性能等を高めるため、種々の素材を5~7層ほど重ねて使用しています。
輻射熱の反射率としては、MAX98%の性能を有する物もあります。
 さらに、表面には電気を通さない電食処理やプリントの内装材、外装材を付けたものも開発しています。

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム