福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  現場ブログ一覧  >   熱のふしぎ「輻射熱」

熱のふしぎ「輻射熱」

2020年05月09日

 天気予報で「明日の気温は25℃。夏日で暑くなるでしょう」と明日の天気予報は発表されました。

しかし、体温よりも低い25℃なのに暑いの?

はたして、体温と気温じゃちがうのか?

今まで何も考えずに過ごしてきましたが、25℃夏日でも暑いのには理由があります。

 私たちが暑いと感じるのは気温だけじゃなく、「輻射熱」の影響が大きいのです。

太陽からは電磁波が出ています。

中でも赤外線が一番熱を持っています。

 しかし「輻射熱」は他の物体に吸収されて再び熱となってその物体の温度を上昇させます。

今までは、断熱材で家を囲えば外部の熱は入り込まないし、外の寒さも防げると思われていたが

断熱材では「伝導熱」と「対流熱」は防げたが、「輻射熱」は電磁波だからさえぎることはできないのです。

※「伝導熱」とはフライパンを熱し、その熱を食材に伝えて料理をする。これが「伝導熱」です。
※「対流熱」とはドライヤーやエアコンように、温度が高い所から低い所に移動して全体の温度が同じになるように  上下で移動するのが「対流熱」です。

「輻射熱」とは太陽から地球に放射される放射熱

特徴は、途中空間では熱を発しませんが物にあたって熱を発する性質です。

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム