福岡県春日市の外壁塗装・塗替えリフォームはハヤトリフォームへ!

メイン画像
  • 施工実績
  • プロフェッショナル
  • お見積り
  • 専門店プラン

トップページ  >  現場ブログ一覧  >   下地補修

下地補修

2009年07月27日

ボードとボードのつなぎ目にはシーリングが充填してあります。

でも10年たてば表面が劣化しているので

コーキングのひび割れを埋めます。

もちろん、可塑剤の入っていないものを使います。

510.jpg

シーリングテープを張るのはキレイに仕上げるためです。

66.jpg

水切りも割れていたので、コーキングします。

72.jpg

コーキングガンを使って埋めていきます。

81.jpg

このコーキングは可塑剤(かそざい)が入っていません。

可塑剤が入っているのを使うと、年数がたつにつれて、黒ずんでくるからです。

この可塑剤によって黒ずむ現象を「ブリード」と言って、

可塑剤が入っていないものを「ノンブリード」タイプと区別しています。

塗替えするときには、「ノンブリード」タイプのコーキングを使うようにしましょう。

業者さんに「コーキングはどんなタイプを使いますか?」と質問したらいいですね。

  • お見積り
  • 現場ブログ
  • 信頼の実績
  • 資料請求
  • トップページ
  • 他店との違い
  • 職人紹介
  • 施工の流れ
  • 本当のお客様の口コミ
  • ご近所の施工例
  • 社会活動
  • お見積り
  • Q&A
  • 基礎知識
  • ハヤトの理念
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • 日本建築塗装職人の会
  • めざましテレビ出演
  • 専門家コラム