福岡の外壁塗装業者が解説!地域密着型の塗装会社の対応力とは?

「外壁塗装の工事ってどこに依頼したらいいのだろう?」
「地域密着型の塗装会社の対応力や、メリット・デメリットを知りたい!」
ご自宅の外壁塗装をお考えの方の中には、どの業者に依頼すべきか迷っている方もいらっしゃるかと思います。
また、それぞれの段階でチェックすべき点も気になりますよね。
そこで、今回は地域密着型の外壁塗装会社の対応力や、メリット・デメリットについてご紹介します。

 

□地域密着型の対応力

外壁塗装業者を選ぶ上で、対応力というポイントは非常に重要です。
地域密着型の対応力として、特に優れているものは主に2つあります。

 

*地域の天候や特徴の把握

地域密着型はその地域のスペシャリストです。
そのため、天候やその地域の特徴について熟知しています。
これにより、その地域に合わせた塗料を選ぶことができます。

 

*不備への早急な対応

施工後に塗り残しや不備が見つかった際、地域密着型はすぐに依頼主のところに駆けつけることができます。
困ったことがあっても、すぐに解決してくれるというのは、依頼主からするととても心強いのではないでしょうか。

 

□地域密着型のメリット

*費用が安い場合がある

地域密着型は大手の業者と比較すると、主に2つの理由で費用を安く抑えられる場合が多いです。
1つ目は、仲介業者が「少ない」もしくは「いない」からです。
地域密着型の多くは、自社施工を行なっているため、間に仲介業者があまり入っていません。
それにより、外部に費用を払わなくていいので、費用を安く抑えられます。
もう1つは、広告費が少ないからです。
大手の業者は大々的にプロモーションを打つなど、広告に力を入れています。
その分、原価が増えているので、結果的に、工事費用は高くせざるを得ません。
一方で、地域密着型は大手と比べて広告費が少ないため、塗装にかかる費用だけが原価となります。

このような理由で、費用を安く抑えられます。

 

*アフターメンテナンスが手厚い

アフターメンテナンスは、外壁塗装を長持ちさせる上で非常に重要です。
地域密着型の場合、多くの業者がアフターサービスに力を入れています。
より寿命の長い家にしたい方にはおすすめです。

 

□地域密着型のデメリット

地域型のデメリットとしては「クチコミの少なさ」が挙げられます。
大手の業者だと全国に多数展開しているため、施工事例も多くクチコミが集まりやすいです。
一方で、地域密着型だとあまりクチコミが集まらず不信感を持ってしまう可能性があります。
評判も重要ですが、契約前の見積もりが信頼できるものか、透明性があるかなど、自分の目で判断することでトラブルを避けやすくなるでしょう。

 

□まとめ

今回は地域密着型の外壁塗装会社の対応力や、メリット・デメリットについてご紹介しました。
大手業者との違いを知った上で、ご自身にあった方を選択することをおすすめします。
今回の記事が、少しでもみなさんの役に立てば幸いです。
気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

今すぐお電話をする